同棲の家賃はいくら?失敗させない3つのポイント

1-賃貸契約料

賃貸契約料とは、家賃だけではなく、敷金や礼金、仲介手数料など支払う場合があります。

内訳目安内容
敷金家賃の1〜2ヶ月分退去時の清掃費などに充てられ先に支払う必要があります。退去時に余ったら返金されます。
礼金家賃の0〜2ヶ月分住ませてもらうお礼金で家主に支払います。返金はありません。
仲介手数料家賃の1ヶ月分+消費税不動産会社支払う手数料です。
家賃家賃の1〜2ヶ月分初月分は日割りで翌月分も支払う場合があります。
保証料家賃保証を利用する場合昔は保証人でしたが、今は保証会社の利用が増えてきています。
その他数万円鍵の交換、クリーニング代、駐車場、火災保険料などです。

目安しては、契約する家賃の5ヶ月〜6ヶ月を先に支払う必要があります。仮に家賃6万円の賃貸に住む場合は30万〜36万円の支払いが必要です。物件によっては、敷金、礼金の支払いがないものもあるので不動産会社に問い合わせてみてください。

2-引っ越し費用

荷物が少ない場合はレンタカーで軽トラックを借りて友人に手伝ってもらえれば安くすみますが、同棲の場合荷物も多いので業者に頼む必要も出てきます。業者に頼むのであれば、距離にもよりますが、5万円以上は引っ越し費用がかかります。

3-家具・電化製品費用

同棲を始めると、心機一転新しいものを購入したいという心理が働きます。冷蔵庫やテレビ、ソファやベッドなど全て新品で揃えるとなると、50万円以上は必要です。

新婚生活も考えている同棲相手ならそれもいいのですが、まだ深く同棲相手との将来を考えていないのであれば、リサイクルショップなどで中古の家電や家具を揃えるようにしましょう。

4-生活費

引っ越しした月は生活に慣れるためストレスや作業が増えます。そうなると自然と外食も増えてしまうので今までの生活以上に出費が増えます。多めに予算を確保して行動するようにしてください。

関連記事

旦那の給料が多いのに貯金できない旦那の年収が多くても貯金できない家庭はたくさんあります。貯金できないのは、家計のやりくりを妻(奥様)に任せっぱなしにしていることが原因かもしれません。この記事では、貯金できない妻(奥様)の7つ[…]

同棲で賃貸を借りる際の注意点

同棲生活で賃貸を借りる時の注意点を解説します。

名義は誰で借りるのか

家賃を支払う前に、賃貸契約が必要です。同棲相手と相談してどちらの名義で借り流のかをしっかり話し合いましょう。万が一同棲をやめなければいけない事が起きた際は、名義によって先の行動が変わっていきます。

どのような状況になるかわからないので、名義についてはしっかり話し合う必要があります。

家賃を含める生活費の負担割合はどうするのか

家賃や生活費の負担の話し合いも、同棲をする前にしっかり話し合いましょう。収入によって割合を決めることが多いですが、主同棲では、以下の生活費が発生します。

内訳月平均
食費(外食費含)6万円前後
家賃5万円以上
水道光熱費2万円前後
ガス代1万円前後
家具・家電プライスレス

結婚すると保険料や交通費なども上乗せされますが、同棲であれば大きく分けて5つです。固定費や変動費など割合を決めておけばトラブルなどは未然に防げます。

住民票の手続きをしよう

同棲を開始したら、住民票を移しておきましょう。役所からの重要書類や選挙、地区町村施設の利用そして、内縁制度などが利用できます。

話し合いが必要

同棲は、擬似結婚生活なので、楽しいことだけではなく、見たくないところも見えてきます。それだけお互いを知れるチャンスはありません。

安易な同棲は、私はおすすめしませんが、しっかりした考えで同棲をするのであれば、しっかりとした話し合いをしておきましょう。

関連記事

節約をする前に節約術を紹介する前に、生活費についてすこし解説したいと思います。生活費は大きく分けて固定費と変動費に分けられます。生活費には固定費と変動費がある生活費には固定費と変動費があります。固定費と変動費では[…]

同棲がうまくいく3つのポイント

最後に同棲から結婚した私の経験から上手くいく3つのポイントを紹介します。この3つのポイントを守っているおかげで全く喧嘩もせず3年以上たった今でもお互いを想い合える関係が続いています。

1-金銭感覚(価値観)を合わせていく

金銭感覚(価値観)が一緒の人はこの世の中そうそういません。必ず価値観がずれます。ですが、その価値観は一緒に過ごすことでお互いが寄り添う形で落ち着いてきます。大切なことは、自分の価値観を押し付けずお互いを尊重し合える環境づくりです。

2-ストレスを溜めない生活スタイル

私の家庭の場合、嫁の家族は週に4日は外食をしていました。私の家庭は外食は月に1回程度で家庭料理で育ちました。これも価値観のズレですが、夫婦になった今私たちは週に1回程度の外食で落ちついています。

話し合ったわけでもないのですが、お互いを尊重し合い基本は家庭料理を食べ、日々頑張っている嫁に労をねぎらうという意味で外食に連れていきます。

お互いがストレスを溜めにくい中間は必ずあるので、同棲をした時はどうすればお互いがストレスが溜まらないか考えてみましょう。

3-相手を想い合う感謝の態度

最後は感謝を言葉で伝えることです。炊事洗濯が当たり前と思えばそこにストレスが出てきます。積もり積もったストレスは修復できないところまでいくと、お別れしないといけません。そんなことにならないように毎日感謝の思いを伝えましょう。

些細なことでも「ありがとう」という言葉で円満になるものです。

同棲は幸せの第一歩

幸せという定義は人それぞれですが、幸せになりたいという想いは誰もが持っています。家賃などの生活費の割合(お金の話)は今後の展開では避けては通れない問題です。しっかり話し合いお互いの価値観を合わせ同棲生活をスタートしてみましょう。

合わせて読みたい!同棲に関する記事一覧

関連記事

同棲を始める前に確認したいポイント当記事をみていただきありがとうございます。この記事を見ていただいているということは、同棲を始めている、もしくは始めようと考えている方だと思います。本当におめでとうございます。この記事では、[…]

節約術大公開!同棲節約の円満に節約するポイント
関連記事

無理する節約は続かない節約といえば、無理をして、我慢して、窮屈に生活をすると考えている人も多いと思いますが、全く違います。節約とはお金を稼ぐのと同じ感覚です。節約初心者であれば、まずは無理をしない節約方法に挑戦していきましょ[…]

関連記事

節約貯金ができないのは当たり前だったブログに書いてある様々な節約のやり方は、間違いでは無いです。ですが、そのやり方を実践しても節約どころか貯金もできません。そうなると、「自分には節約貯金は向かない」「節約なんて無意味」と感じ[…]

関連記事

同棲向けの広さは1LDK・2K・2DK同棲向けの賃貸選びはワクワクします。胸が高まり何もかもが幸せです。賃貸選びは家賃・立地条件・広さなどありますが、ここではまず、賃貸の広さについて解説します。狭すぎる賃貸や広すぎる賃貸を選[…]

最新情報をチェックしよう!