同棲の家賃はいくら?失敗させない3つのポイント

同棲向けの広さは1LDK・2K・2DK

同棲向けの賃貸選びはワクワクします。胸が高まり何もかもが幸せです。賃貸選びは家賃・立地条件・広さなどありますが、ここではまず、賃貸の広さについて解説します。狭すぎる賃貸や広すぎる賃貸を選んでしまい、後で後悔しないようにしてください。

広すぎないほうがいい

家賃は部屋の広さで金額が変わります。1人くらしであれば、1Kでも十分ですが、同棲となるとそうはいきません。一般的な同棲する時の間取りはどうでしょうか?

賃貸の広さおすすめの理由
1LDK1部屋は寝室に、LDKはリビングとして、そして来客した人の応接スペースとして活用します。いつも一緒にいたい人向けです。
2K1部屋は寝室でもう1つの部屋はリビングとして使うなど生活スタイルに合わせられます。家賃を抑えた人向けの広さです。
2DK一般的に同棲で借りる賃貸として1番選ばれる広さです。ある程度広さが欲しい人向けの賃貸です。
2LDK家賃が高い分広さ的にも十分です。経済的にゆとりがある人向け賃貸です。

一般的という言葉でまとめるなら、同棲する時は、一般的には2DKの賃貸を借りる傾向があります。あとは、家賃と立地条件などと照らし合わせて決めていきましょう。

同棲家賃はいくら?

同棲で1番悩むのが家賃などの生活費です。同棲で借りる賃貸は、家賃を安くもできないし、高くすると貯金が厳しいという人は意外に多いのではないでしょうか。貯金もできる理想の家賃について紹介します。

手取りの25%〜30%が理想

同棲を考えている幸せ絶頂の時に話すことではないのですが、万が一別れてしまい1人で住まないといけない事態も考えなければいけません。新しく賃貸を借りることもできますが、引っ越しは出費が多いので簡単ではありません。

それも念頭に置いて余裕でし支払いができる家賃にしてください。おすすめの家賃相場は手取りの25%〜30%です。

手取り収入理想の家賃
20万5万円〜6万円
30万7.5万円〜9万円
40万10万円〜12万円
50万12.5万円〜15万円

もちろん理想の家賃よりも安ければ安いほうが固定費の節約になるので、安い賃貸を選びましょう。家賃を抑え将来に貯蓄するという考えは大切です。

関連記事

人は無駄だらけで生活している人はゆとりがなければストレスが溜まります。それは節約も同じです。窮屈な節約はストレスが溜まりリバウンドをして浪費に走る可能性もあるので、ゆとりのある節約をしましょう。無駄も生きる上では必要なことで[…]

同棲にかかる費用はいくら?

理想の家賃相場、広さについて解説しましたが、ここからは同棲にかかる費用について解説します。すでにひとり暮らしをした経験がある人はわかると想いますが、引っ越しはまとまったお金が必要です。

最新情報をチェックしよう!