家賃滞納は強制退去だけではない恐ろしいことは5つある!?

家賃滞納とは

家賃滞納は自分だけではなく、周囲にも迷惑をかけることです。一部の人は故意で家賃滞納をする人もいると聞いていますが、基本的には経済苦により家賃の支払いができないのが原因だと思います。

支払いが滞る

家賃の支払いが滞るのが家賃滞納ですが、家賃滞納してしまった時どうなってしまうのか、強制退去をしないといけないのか、いつまでならセーフなのか。この記事では家賃滞納と強制退去、それ以外に起こりうる恐ろしいことについて解説します。

関連記事

家賃の延滞をするとどうなる家賃を延滞してしまった。と焦ることもあるかもしれません。強制退去させられる。心象が悪くなる。ブラックリストに載るなど、不安になるかもしれませんが、急に全てが起きるわけではありません。入金の忘れ、金額[…]

家賃滞納で強制退去?

家賃滞納をしたらすぐに強制退去にはなりません。延滞損害金は家賃滞納した時点で発生しますが、法律的には強制退去、契約解除などの処置が行えるのが3ヶ月後からとなります。

3ヶ月を超えてはならない

だからと言って、督促状や電話、訪問を無視していいということではありません。あくまでも法律的には家賃滞納3ヶ月後からですが、延滞損害金は発生するのでいいことは何1つないということは理解しておきましょう。

入金忘れなど支払う意思があるのに家賃滞納してしまった場合は速やかに管理会社に連絡して、支払えば全く問題はないので安心してください。問題なのは支払う意思がない家賃滞納、支払うことができない家賃滞納です。

強制退去までの流れ

支払う意思があるのに間違って家賃滞納をしてしまった場合は、管理会社に理由を伝えればすぐに支払いできます。ですが、先に述べた通り、支払う意思がない家賃滞納、支払うことができない家賃滞納については、これから記載する強制退去の流れになります。

家賃滞納1ヶ月目〜電話と督促状〜

家賃滞納1ヶ月目は、支払い確認ができていないための電話や督促状が送られるケースが一般的です。無視してしまうと大変なことになるので、家賃滞納をした理由をしっかり話して解決策を提案してもらいましょう。分割払いなどの対応をしてくれることもあります。

家賃滞納2ヶ月目〜連帯保証人で賃貸契約〜

連帯保証人で賃貸契約をしているのであれば、2ヶ月目の滞納でほぼ間違いなく連帯保証人に連絡が行くようになります。

また、稀ですが内容証明郵便(督促した証明書)を送る場合もあります。法律的効力はないものの、ほとんどの場合、恐怖心を煽られるのでいい気持ちはしません。

家賃滞納2ヶ月目〜保証会社で賃貸契約〜

保証会社で賃貸契約をしている場合、督促は本人しかできないで、ほとんどの場合お住いの賃貸に訪問されます。保証会社の取り立てや催促は、厳しいやり方をする会社もあるため注意してください。

また、保証会社での家賃滞納は、強制退去だけではく、それ以外にも恐ろしいことに繋がっていきます。

家賃滞納3ヶ月目〜契約解除〜

3ヶ月家賃滞納をすると、法的に家主側で賃貸の契約解除ができます。また、稀ですが裁判所の請求申し立てをされます。(裁判費用がかかるので家主もできればしたくない)ほぼ間違いなく3ヶ月後には、契約解除通知が届くということは覚えておきましょう

家賃滞納6ヶ月目〜強制退去〜

それでも自主退去しない場合は、強制執行手続きをされ強制退去を強いられる可能性があります。

あくまでも督促状や、訪問、電話を無視し続けた場合の流れですので、連絡していれば多少流れは異なります。ですが、間違いないのは、延滞損害金は発生するということです。

強制退去だけではない恐ろしいこと

ここまでは、家賃滞納をして強制退去までの流れを解説してきましたが、ここからは強制退去だけではないその後の恐ろしいことについて解説します。5つの恐ろしいことが出てきますので、本当に注意してください。

最新情報をチェックしよう!