若者の節約術を公開!みんながやっている3つの節約方法

物を買わなくなった世代

昔と今との大きな違いは、ものに執着せず、ブランドものよりも安価で高性能なバックや服を好むということです。バブル(高度経済成長)を経験している世代は、ブランドやプレゼントにお金を使っていましたが、今の若者は、デートも割り勘です。

モノに執着しなくなった大きな要因としては、親世代の生活環境や周囲の環境、初任給の低さなど様々ですが、今の若者はお金を使わない傾向があります。あくまでも全体的な傾向であり、私のように、浪費癖のある若者もいるのであくまでも参考程度にみてください。

10代の節約術

モノを買わない10代の若者たちは、どこで節約しているのでしょうか。この記事では、10代、20代若者の節約術を紹介します。

1-ファストファッションで節約

PRADAやLouis Vuittonのような若者世代にとってのハイブランドではなく、UNIQLOやGU、しまむらのような安価で品揃えがあり、高性能な服やバックを好む若者も多くなってきています。

2-格安スマホで節約

楽天モバイルを含む格安スマホで節約している若者も急増しています。30代以降の世代では格安スマホに抵抗があるかもしれません。

ですが、格安スマホは、使い勝手もスマホの機能も高性能でありながら、価格は半額以下に抑えられるため節約している若者も多いといわれています。

20代の節約術

20代になってくると、社会に出ていく世代です。10代に比べると節約レベルも変わってきます。今の20代の若者は、モノをなるべく所有しない傾向があります。

3-シェアリング・サービスで節約

マイカー、マイホームなどモノを買う世代から、車も所有せず、自転車、傘ですらシェアする時代に変わってきました。所有しないことによる節約です。

関連記事

まとめ節約の考え方節約=我慢(ストレス)という印象がありますが、ストレスがかかる節約は長続きせず。節約の無駄使いになります。節約にもいくつかありますが、この記事では大きく分けて5つのジャンルの節約術まとめて紹介します。ここ[…]

1-ファストアッションで節約する世代

UNIQLOやGU、しまむらのように、価格が安い服でもデザインがよく、高性能なモノはたくさんあります。ブランドでモノを買うのではなく、デザイン性や機能性を重視して、価格を抑えた服を購入する傾向があります。

ユニクロでも高い

UNIQLOも安くてデザイン性もいいのですが、それでも高いと感じる若者も多く、もっと安いと言われるGUやしまむらに流れています。Instagramでも「#しまむらパトロール」と言われる投稿が12万件以上あります。

若者は、ハイブランドの服をコーデすると言うより、自分に合った服の組み合わせを楽しみ、独自性の高いコーデを求めています。しまむらは、宝探しの感覚なのかもしれません。価格を抑えおしゃれを楽しむのが、若者の節約です。

関連記事

貯金は一気に増えないことを知る消費税も増税して、出費も増えてる時代だからこそ、貯金を始める人も増えてきます。ですが大半の人が貯金できずに諦めていくのが現状です。人は何事に対してもすぐに結果を求めるため、貯金=コツコツという[…]

2-格安スマホは当たり前

格安スマホは、繋がりにくい、怖いと感じているのは40代以上の考えです。若者は、価格と機能性に満足しています。格安スマホが周囲にバレる可能性があるのがメールアドレスですが、今の時代メールアドレスの交換はしません。

SNSだけで繋がり、電話番号すら交換しないのが基本です。メアドの交換はすでに死語になっています。

周囲にバレないからこそ格安スマホ

メールアドレスも電話番号も交換しないのであれば、どのキャリアでも関係ありません。格安スマホは毎月1,000円代から使えるので、節約には欠かせないといえます。30代でも格安スマホに切り替えている人も多く、今後も増加傾向にあります。

3-モノは持たないシェアする時代

車や自転車、傘までもがシェアする時代です。シェアするのは、モノだけではなく、賃貸や情報までもシェアします。モノを所有しないことで、節約をしている若者も増加しています。

所有しないからこその節約

車や自転車を利用しない都会(主に公共機関)では、シェアすることで大幅な節約ができます。もし車補所有した場合2年ごとの車検で約10万円、税金で毎年4万円、車体代、駐車場代と固定費が増えます。1日シェアリングカーを利用しても5,000円以下です。

仮に年間で30日借りたとしても15万円です。車両保険、自賠責、損害保険、駐車場、軽く見積もっても25万円以上は毎年支払わなければいけません。さらに車検代、車体代を入れると絶対にシェアリング・サービスを使った方が節約できます。

関連記事

同棲を始める前に確認したいポイント当記事をみていただきありがとうございます。この記事を見ていただいているということは、同棲を始めている、もしくは始めようと考えている方だと思います。本当におめでとうございます。この記事では、[…]

節約術大公開!同棲節約の円満に節約するポイント

好きなことにはお金をかける

若者の節約について紹介してきましたが、好きなことにはお金を使うのはどの世代も同じです。若者は食費(外食)にお金を使う傾向が強いため、外食を抑えると自然と節約にも繋がっていきます。

もし節約したいと考えているのであれば、上記の3つの節約術以外に食費を節約してみましょう。

合わせて読みたい!節約に関する記事一覧

関連記事

食費を抑えるのは簡単食費を抑えるには、いくつかのルールを決めなければいけません。実際に私がやっている節約生活をすれば、食費は圧倒的に節約できます。ルールもそこまで難しいものではなく、簡単に実践できるので、お試しください。私が[…]

関連記事

ストレスが溜まる節約は失敗します節約と聞くと、ほとんどの人が、食費や光熱費の節約をイメージすると思います。そして、食費の節約術を調べたり、光熱費の節約術を調べて実践しようとします。でもその節約術続きますか?光熱費・食費の節[…]

関連記事

節約は無理してはダメいくつかの節約方法について解説してきましたが、この記事では、39の節約方法を具体的に紹介しています。全ての節約方法を実践するのではなく、無理しない程度でできる節約から実践してみてください。ちなみに全ての[…]

関連記事

節約貯金ができないのは当たり前だったブログに書いてある様々な節約のやり方は、間違いでは無いです。ですが、そのやり方を実践しても節約どころか貯金もできません。そうなると、「自分には節約貯金は向かない」「節約なんて無意味」と感じ[…]

最新情報をチェックしよう!