Twitter(ツイッター)副業!詐欺を見極める5つの方法

Twitterで副業を案内しているアカウント多く見つけるのですが、そのほとんどが詐欺です。

  • 可愛らしい女性が写っている
  • お金の画像がたくさんある
  • 高級そうな食事写真の画像がある
  • 副業教えるというツイートをしている
  • DMで勧誘してくる
  • LINEに誘導する

この中で複数当てはまる場合詐欺の可能性があります。安易に個人情報を伝えないようにしましょう。

副業紹介するのが仕事

Twitterで副業案内している人の仕事内容を簡潔に説明すると、「あなたを勧誘するのが仕事」です。FXやバイナリーオプションなどに始まり、暗号通貨(仮想通貨)などの投資副業を勧誘したりします。

商材はなんでもいい

商材(中身)に価値はありません。Twitter副業の主な流れを知り騙されないようにしましょう。

詐欺師A

フォローありがとうございます。副業に興味があるんですか?もしよかったら全力でサポートしますので、よかったら聞いてみませんか?

 
マナ子
本当に稼げるんですか?すごい稼いでいる写真ばかりですね。
詐欺師A
私も昔は稼げなかったんですよ。でも今の仕事始めて本当に世界が変わりました。助けてもらったので、他に困っている人に手を差し伸べたいと思いDMしました。
 
マナ子
私も今お金に困っているので、本当なら稼いでみたいんですよね。
詐欺師A
そうなのですね。であれば一度LINEで連絡してみませんか?@1234が私のLINEなので是非連絡ください。

このようなやり取りで、LINE電話や直接会って副業を紹介しています。

お金を出させるのが仕事

あなたにお金を出させるのが仕事(副業)です。口座の開設や投資の案件が多いので、そのような内容であれば詐欺だと断定してブロックしましょう。

ツイッター副業詐欺に騙されないために

ツイッター詐欺に騙されないために、いくつか共通しているところをピックアップします。少しでも被害に遭わないために、拡散してください。

Twitter副業で騙されない見極める5つの方法

Twitter副業(詐欺)にはいくつかの共通点があります。マニュアル化されているのか本当に似ています。

1-DMがくる

フォローをする(される)と仲良くもないのにDMがきます。DMの内容は様々ですが、最終的には投資案件の勧誘やLINEに誘導して個人情報を聞き出すことが一般的です。仲良くもないのにDMがくる人には注意しましょう。

2-LINEに誘導してくる

LINEのアカウントを紹介して、そこでやりとりするように誘導してきます。LINEに登録すると個人情報を聞き出してきます。住まいの地域聞いてくるのですが、それには裏があります。

大阪に住んでいる人は大阪の詐欺師に、東京に住んでいる人は東京の詐欺師に繋いできます。地域によって詐欺担当者が決まっているので気をつけましょう。

3-LINE電話してくる

内容にもよりますが、LINE電話で直接勧誘してくることがあります。日本経済の話や将来の不安を煽り、どうにかしないといけない雰囲気に持っていきます。そこで紹介してくるのが投資案件です。

4-直接会おうとしてくる

投資内容を聞いて拒むと直接会ってしっかり話すよう誘導してきます。特に都会に住んでいる人は会ったことがある人もいるのではないでしょうか?地方でない限り会うように話してきますので、注意しましょう。

5-拒み続けると脅してくる

LINEでは本人特定ができないので、電話番号などを聞き出してくる悪質な人もいます。そうなると住所特定するよなど脅してくるので、恐怖を感じたら録音などをして証拠を残しておきましょう。

ツイッター副業詐欺に遭遇した時の対処法

Twitter副業詐欺に遭遇した時は、アカウントをブロックしたり、通報したりして予防線を張るようにしましょう。既に個人情報を伝えてしまっている人も怖がらずに断るようにしてください。

録音していることを伝える

LINE電話されて勧誘されている場合は、「この通話録音しています。」ということを伝えましょう。ほとんどの人はこれで撤退してくれます。

毅然(きぜん)とした態度を取る

優柔不断な答えを出さずに怪しいと感じたらしっかりと断るようにしましょう。冷静に断ることで相手に隙を与えないことが重要です。

楽して儲かる話は詐欺

Twitter(ツイッター)副業以外でも、楽して儲かる話は世の中にはありません。すべて詐欺だと断言できます。副業で楽して儲かるなら苦労しません。

情報弱者に向けて勧誘してくるので、情報判断を見極める術を身につけてください。何度も言いますが、楽して儲かる話は全て詐欺です。正攻法で稼ぐ方法を身につけましょう。

合わせて読みたい!詐欺に関する記事一覧

関連記事

2019年11月ビットマスターが破産申告を行い2万人以上総額100億もの負債を抱え倒産しました。組織販売で暗号通貨を販売する会社が跡を立ちません。「組織販売+投資案件」は、デジタルねずみ講と言われており、様々な雑誌でも注意喚起がされ[…]

関連記事

ビットマスターが計画倒産(破産申告)をし完全に終了しました。別記事でも書いていますが、完全に言い訳が見苦しく、今までついてきた嘘が露呈し始めています。この件でビットマスターは終了したのです。今後同じように騙される人を少しでも減らす[…]

ビットマスター
関連記事

ビットマスターが破産申し立てをして間も無く、できた会社がADIMA CROWN(アディマクラウン)です。この記事ではアディマクラウンの最新情報を更新しています。新しい情報をお待ちしています。当記事のコメントもしくは問い合わせからご[…]

関連記事

今回ビットコイン販売代理会社であるビットマスターが2019年11月22日に破産の申し立てを行ったことが明らかになりました。今後の動向について最新情報を更新し続けます。この記事で書いている内容は以下です。ビットマスター破産申告につ[…]

ビットマスター本社
最新情報をチェックしよう!