毎月の貯金額はいくら必要?年代別の貯金額一覧

貯金の必要性

老後2,000万円問題で、年金の崩壊が現実化している世の中で、節約や貯金について考える人が増えてきました。収入が増えるのであれば、それに越したことはありませんが、終身雇用も死語になりつつあります。

お金を増やすのと同じくらい大切な貯金についてこの機会に考えてみてください。

年代別の貯金額

なぜ、老後に2,000万円必要になるかは別の記事で紹介します。この記事では年代別で、貯金がない人が毎月どれくらいの貯金額を増やせばいいのかを紹介しています。

貯金がある人は今から紹介する貯金額よりも少なくもいいのですが、貯金はできるときにしっかりしておきましょう。

20代からはじめる貯金額

20代でも結婚の有無、子どもの有無で貯金額は変動します。一概にデータで残せるものではありません。もし仮に貯金額がない人であれば、2,000万円の貯金をするには、毎月3万円以上が必要です。

30代からはじめる貯金額

30代は結婚、出産、マイホームなど出費イベントが満載で世論調査でも貯金がない世代です。すでに貯金がある人はそのまま貯めて行けばいいのですが、もし貯金がないのであれば、毎月4万円以上が必要です。

関連記事

焦る必要はない30代で貯金がない。焦る気持ちもわかりますが、焦る必要はありません。別の記事でも解説していますが、30代の貯金額は66万円〜150万円です。意識して節約すれば、1,2年で貯金できます。もちろん世論調査での貯金[…]

40代からはじめる貯金額

40代で貯金がないと正直厳しいです。もし貯金がない場合、毎月5万円以上節約してでも貯金するようにしましょう。

50代からはじめる貯金額

退職金などもらえる環境であれば、老後の蓄えになりますが、退職金も昇進も見込めないとなると、あとは節約してでも貯金する必要があります。貯金がない場合は、毎月8万円以上を蓄える環境を整えましょう。

20代は毎月3万5,000円必要?

20代は、給料が低く現実的には3万5,000円を貯金するのは難しいと言う人は多いと思います。ですが、退職金など見込めるお金がない場合は毎月3万5,000円は貯金しなければいけません。現実的に無理な人は、変動貯金で無理なく貯金することをおすすめします。

変動貯金をしよう

3万5,000円が現実的に不可能であれば、変動貯金をしていきましょう。一般的に勤務年数と共に給料は上がるので、それを見越して貯金をすると言う考えです。

年代別毎月の貯金額貯金額
20代1万円120万円
30代2万円240万円
40代4万円480万円
50代5万円600万円
60代4万円480万円
合計1,920万円

20代で毎月1万円を10年間貯金できれば、30代を迎える頃には120万円の貯金が可能です。あとは給料が上がるにつれて、貯金額を増やしていけば、退職金がなくても無理なく貯金ができます。最低でも1万円は貯金するようにしておきましょう。

30代は毎月4万円必要?

30代は出費イベントが多いので、簡単には貯金できません。20代で貯金をしなかったのであれば、まずは節約などを考えて無理なく貯金する方法を見つけていきましょう。

変動貯金で無理をしない

30代でも20代とおなじく、変動貯金がおすすめです。20代に比べ少し貯金額は大きくなりますが、現実的に可能な貯金額設定です。

年代別毎月の貯金額貯金額
30代2万円240万円
40代4万円480万円
50代6万円720万円
60代4万円480万円
合計1,920万円

20代では毎月1万円の貯金だったため、他の年代で負担するだけで、20代と同じ貯金額になります。一般的に給料が増えるのが40代からなので、しっかり人生設計をしておけば30代で貯金がなくても大丈夫です。最低でも3万円は貯金するように行動してみましょう。

関連記事

副業で稼いだお金は貯金30代は貯金額が少なく、4人に1人が貯金できていないというデータもあります。この記事では、30代で貯金を増やすためにできる副業を解説していきます。参考になれれば幸いです。副業として人気がある5選[…]

40代は毎月5万5,000円必要?

40代で貯金がないとなると、修正するのが難しくなっていきます。毎月の貯金額は大きくなるので、節約も本格的にして、副業なども視野に入れておきましょう。

変動貯金でも厳しい

変動貯金も20代30代と比べ少し金額が大きくなります。ですが、それでも老後2,000万円を貯金したいのであれば、節約してでも貯金をしておきましょう。

年代別毎月の貯金額貯金額
40代4万円480万円
50代7万円840万円
60代5万円600万円
合計1,920万円

40代の貯金額は20代30代と変わらないのですが、50代60代にその分負担が大きいのがわかります。特に50代は所得が一番多い年代のため貯金額も7万円を超えています。40代で少しでも貯金額を増やせるのであれば、余裕を持って貯金をしましょう。

関連記事

40代の貯金額はいくら?40代といえば、人生の折り返し地点とも言われ、価値観、人生観などある程度決まっています。結婚している人、独身の人、子どもがいる家庭と様々な人生がありますが、この記事では2人家族以上を基本として執筆して[…]

50代は毎月8万円必要?

50代になると、老後まで20年を切っています。貯金がないとなると、正直厳しいですが、弱音は吐けないので乗り切るために試行錯誤をしていきましょう。

変動貯金+退職後の仕事

老後まで20年しかないので、変動貯金だけでは限界があります。副業と節約をして乗り切るしかありません。

年代別毎月の貯金額貯金額
50代7万円840万円
60代5万円600万円
退職後の仕事4万円480万円
合計1,920万円

60代まで働いた場合の貯金額でしたが、50代で貯金がない場合、退職後の10年間も働く必要があります。毎月4万円の仕事をすることで負担を減らします。

貯金は早い方がいい

貯金は早いに越したことはありません。ある程度貯まった貯金は運用で増やすこともできます。投資は危険と思うかもしれませんが、長期運用は安全で確実性があるので、早く貯金して運用していきましょう。

最低でも1万円は貯金しておこう

貯金をしたことがないと言う人は、まずは1万円から貯金しましょう。何事も無理をしない目標設定が大切です。

節約は積極的に

貯金する余裕がない人は、固定費などの節約をしながら無理なく貯金する方法をおすすめします。当記事では固定費の節約方法を紹介している記事も豊富にあるので、参考にしてみてください。

合わせて読みたい!節約に関する記事一覧

関連記事

節約で最も大切なこと節約=我慢という印象を持つ人も多いと思いますが、最初にお伝えしておくと、ストレスを感じる節約は長続きしません。私が考える節約とは、無理をしないがポイントです。無理をしない無理をしない節[…]

関連記事

なぜ貯金ができない別に贅沢をしているわけでもないのに、貯金できない、節約できない、そんな経験無いでしょうか。何を隠そう私は、昔から貯金というものができず毎月、その場しのぎの生活をしていました。昔から貯金できなかった[…]

関連記事

節約貯金ができないのは当たり前だったブログに書いてある様々な節約のやり方は、間違いでは無いです。ですが、そのやり方を実践しても節約どころか貯金もできません。そうなると、「自分には節約貯金は向かない」「節約なんて無意味」と感じ[…]

関連記事

無理する節約は続かない節約といえば、無理をして、我慢して、窮屈に生活をすると考えている人も多いと思いますが、全く違います。節約とはお金を稼ぐのと同じ感覚です。節約初心者であれば、まずは無理をしない節約方法に挑戦していきましょ[…]

最新情報をチェックしよう!