マイニングシティをおすすめしない3つの理由!月利6%の真実とは

ビットマスターやビットクラブを始め組織勧誘で暗号通貨投資を行わせる会社が増えています。その中でも急速に力をつけているマイニングシティについて様々な情報を集めてみました。

私のところにも3回ほど勧誘にきており、その中身は相当怪しいと言うのが印象です。もしマイニングシティに勧誘された人は冷静に判断しましょう。

マイニングシティは詐欺なのか

現時点では詐欺とは言えず怪しいと言う結論に至ります。ビットマスターもそうでしたが、組織販売で暗号通貨投資を斡旋することをデジタルねずみ講と言われております。詐欺だと立件するには被害報告(証拠集め)と被害数によって判断されてしまいます。

なのでビットマスターも数年経って今問題視されています。もし同じ末路を辿るのであればマイニングシティも数年後に問題視されます。

 
マナ子
マイニングシティという投資案件が蔓延しています。マイニングシティには注意しましょう。

デジタルねずみ講とは

別記事でも紹介していますが、投資案件(暗号通貨)の組織勧誘は、お金だけを集め、物の流通が起きておらず、マネーゲームとなります。マイニングシティで集めたお金は会員に分配されますが、会員数が伸びなくなると支払いが不可能となるので破綻していきます。

マイニングはしていないの?

マイニングシティの情報が乏しいので判断できませんがおそらくマイニングはしていると思われます。
マイニングシティは詐欺?

詐欺とは言えないのが現状です。ですがマイニングシティが提案している月利6%は高すぎますので今後減っていく可能性が高いです。

マルチ商法とは別物

一方誤解されやすいマルチ商法(MLM)は特商法の連鎖販売取引により合法ビジネスです。目的は物の流通構築なので、基本的には被害者は生まれません。ビットマスター、ビットクラブ、マイニングシティとは似て非なる物だと認識をしてきましょう。

関連記事

2019年11月ビットマスターが破産申告を行い2万人以上総額100億もの負債を抱え倒産しました。組織販売で暗号通貨を販売する会社が跡を立ちません。「組織販売+投資案件」は、デジタルねずみ講と言われており、様々な雑誌でも注意喚起がされ[…]

マイニングシティをお勧めしない3つの理由

では、現状詐欺とは言えないものの、マイニングシティをお勧めしない理由を解説していきます。もしマイニングシティに勧誘された人がこの記事を見ているのであれば、情報を吟味して参加するのかどうかを判断してください。

1-会社情報が乏しい

マイニングシティと検索しても、公式サイトを見つけるのも一苦労です。一応マイニングシティ公式サイトを見つけましたが、内容はものすごく乏しいです。

マイニングシティは政府からの公認、アジア最大の電力会社との提携によって実現した、これまでに無い規模のマイニングプロジェクトです。

日本国内でのサービスは開始されたばかりですが、最高の運営チームを作り上げ全力でサポート致します。

参照:http://miningcity.tokyo/

運営会社のマインベスト(MineBest)とは

マイニングシティを運営会社と言われているマインベストは、ポーランドのワルシャワに拠点を置いている企業という情報のみで所在地も見つけることができませんでした。

それ以外の情報についても不明です。実態がわからない会社が運営しているサービスであるマイニングシティに参加するメリットはどこにもありません。自分の大切なお金を預けるための会社が不透明すぎます。

マイニングシティの所在地がわからないのに、大切なお金を預けることは私にはできません。

2-月利5.9%!?あり得ない数字

マイニングをしている人なら誰もが知っていますが、マイニングはそこまで儲かりません。ですが、マイニングシティでは、月利で5.9%と謳っています。ということは年利で70%です。

これを例えるなら、宝くじで3回連続1000万以上の大当たりをするようなものです。現実不可能だといいうことが理解できると思います。さらにマイニングシティの所在地がわからないという怪しさ満点なところも不安を覚えます。

マイニングで儲かるなら大手企業も必ず参入しています。参入していないということは儲からないということです。マイニングシティの年利70%は、現実離れしている数字です。

破綻する可能性

もしこの数字が偽物であるならば、必ずマイニングシティは数年後破綻します。年利で70%還元しているということはその資本はどこから稼ぐかというと会員になった人の加盟金から支払われます。

会員数の勢いがあるサービス開始当初であれば数字上支払いは可能ですが、会員が枯渇すれば支払いは不可能となります。

ビットクラブと同じ末路を辿る可能性

ビットクラブもマイニングで儲かると謳いものすごく会員数を増やしましたが、還元率の低下で全く稼げなくなっています。マイニングシティの年利70%もいずれは、年利3%程度に下がっていくのではないかと予想されます。

3-組織報酬が大きい

マイニングシティ

またマイニングシティは、組織報酬が大きく、投資をしてくれる人を紹介すれば、それに対しての報酬を支払うアフィリエイトと謳い勧誘しています。だからこそインターネット上でマイニングシティを高評価している記事は報酬を貰う目的で良い情報しか載せていません。

紹介をすればするほどボーナスがたくさんもらえるのは魅力的かもしれませんが、継続できる仕組みかと言われるとマイニングシティの仕組み上限界があるように感じます。

報酬プランは

報酬プランは大きく分けて4つです。500ドルから3500ドルでいくつも登録ができ、その登録に応じて報酬とマイニングボーナスの還元が変わる仕組みです。

マイニングシティのプランとしてはバイナリーと言われる2方向に伸びた組織報酬と段数によって支払いがされるユニレベルという仕組みを採用しています。

不透明すぎるからおすすめしない

以上の理由から、マイニングシティは詐欺とは言えないが情報が乏しいためおすすめしません。そもそもマイニング施設が整っておりすでに稼ぐ仕組みができている状態で高額報酬を餌にマイニングシティ会員を募集する意図が見えません。

やるなら自己責任で

マイニングシティをしたい人は、そのリスクを知った上で自己責任で投資をしましょう。私であれば、40万円も支払って会員登録するなら別の投資案件を利用します。

合わせて読みたい!トラブルに関する記事一覧

関連記事

デジタルねずみ講という言葉を知っていますか?仮想通貨(暗号通貨)やキャッシュレス化を謳いビジョンだけを見せ安易に投資を勧める会社が数年前から巷で流行っていました。ビットマスターも今回の騒動で多くの被害者を生む結果となりました。マルチ商[…]

関連記事

ビットマスターが計画倒産(破産申告)をし完全に終了しました。別記事でも書いていますが、完全に言い訳が見苦しく、今までついてきた嘘が露呈し始めています。この件でビットマスターは終了したのです。今後同じように騙される人を少しでも減らす[…]

ビットマスター
関連記事

今回ビットコイン販売代理会社であるビットマスターが2019年11月22日に破産の申し立てを行ったことが明らかになりました。今後の動向について最新情報を更新し続けます。この記事で書いている内容は以下です。ビットマスター破産申告につ[…]

ビットマスター本社
関連記事

ビットマスター倒産後、残った人たちで新会社を設立しました。その名も「ADIMA CROWN(アディマクラウン)」です。フィリピンで設立。ビットマスターで培った経験とノウハウを使い、組織の移行の説明会を各地域で開催します。組織を持っ[…]

マイニングシティ
最新情報をチェックしよう!