貯金はコツコツ!誰でもできる3つの貯金方法

貯金は一気に増えないことを知る

消費税も増税して、出費も増えてる時代だからこそ、貯金を始める人も増えてきます。ですが大半の人が貯金できずに諦めていくのが現状です。

人は何事に対してもすぐに結果を求めるため、貯金=コツコツということはわかっていても目に見える結果がなければ諦めてしまいます。ですが、貯金というのは一気には増えません。

コツコツ日々の頑張りが期間をかけて貯金していくものだという考え方を知っておいてください。この記事では、貯金という考え方と誰でもできる貯金方法について紹介しています。少しでも貯金を始めたいという人は参考にしてみてください。

貯金は無理してするものではない

貯金の理想は何も考えないでできることが最も重要です。日々の生活スタイルを大幅に変える貯金方法はストレスが溜まります。ストレスがたまると貯金は長続きしません。まずは無理しない貯金方法を見つけていきましょう。

貯金ができない人の共通点

誰でもできる貯金方法を紹介する前に貯金ができない人の共通点を知っておきましょう。この貯金ができない共通点さえ克服できれば、貯金はコツコツでも確実に増えてきます。本当に面白いように貯金ができるようになります。

ストレスが溜まる貯金をしている

貯金(節約)=我慢するという考えに固執している人は一生貯金(節約)できません。

水道光熱費を節約するために付けっ放し、出しっ放しを意識しすぎたり、食費を節約するために一気に外食を控えたり、もちろん節約効果もありますが、ストレスが溜まりすぎてリバウンド(浪費)をしてしまう可能性があります。

しかも水道光熱費の見直しは労力に比べ結果が数百円程度の貯金なのでおすすめしていません。水道光熱費を見直すのであれば、電力会社など大元を切り替えるくらいにしておきましょう。

ゴールを決めていない貯金をしている

貯金をすると決めた人の中で、ただ貯金をすると大雑把に決めて始める人がいます。今までも貯金できていない人が大雑把に決めただけで貯金ができるわけではありません。貯金はコツコツが基本ですが、しっかりとした目標を設定して貯金をしていきましょう。

ゴールが決まっているマラソンであれば走ることができますが、ゴールが決まっていないマラソンは途中で必ず挫折します。大雑把な貯金はゴールが決まっていないマラソンと同じです。

目標が大きすぎる貯金をしている

マラソンも同じですが、いきなりフルマラソンを始めると必ず途中で挫折します。ミニマラソンなどで体力の使い方や持久力をつけるトレーニングをするように基本を覚え自身のスタイルを構築していきましょう。

コツコツ貯金も同じで、どれくらい貯金できるかを収支のバランスから考えていく必要があります。以下の表は年間貯金額から1日あたりの必要貯金額を算出していますので、日々コツコツ貯金できる金額を無理なく設定してみてください。

年間半年後3ヶ月後毎月1日あたり
500万円250万円125万円41.7万円14,000円
300万円150万円75万円25万円9,000円
100万円50万円25万円8.4万円3,000円
50万円25万円12.5万4.2万円1,400円
20万円10万円5万円1.7万円550円

1日あたり550円コツコツ貯金できれば、年間で20万円の貯金ができます。そう考えるとものすごくハードルが低く感じるのではないでしょうか?

余ったら貯金するという考えをしている

貯金ができない1番の原因と言われているのが、余ったら貯金をするという考えです。人はあるものをすべて消費するという心理が働きやすく、あるだけ使ってしまい結果、貯金できません。例えば急な出費が出ても生活に支障はそこまでありません。

給料が予想より少なくても生活できます。逆も同じです。給料が入ったらまずはお金を貯金することを考えてみましょう。

他人のためになら人は行動できる

人は自分のためだと怠けてしまうものです。貯金をする理由が私利私欲のためだと原動力としては微妙です。ですが、家族のため子どものための貯金と考えると頑張れるものです。貯金をする理由を明確にし、人のために行動するという考えのもと貯金をしてみてください。

関連記事

節約できない理由とは節約はダイエットと似ていますが、過度な節約は過度なダイエットと同じで、リバウンド(浪費)してしまう恐れがあります。何度も節約して失敗した経験はないでしょうか?節約は考え方次第では本当に簡単にできます。こ[…]

貯金する方法を知る(基本編)

コツコツ貯金ができない人の共通点を克服したら、次は貯金する方法知っていきましょう。預金をする方法は基本的には収支のバランスです。収入よりも支出が多ければ貯金はできません。貯金をするためには支出よりも収入を多くするしかないのです。

収入を増やすか支出を抑える

収入を増やすのが1番ストレスがなく貯金ができそうですが、一気に貯金ができるほどの収入は増えません。収入が増えないのであれば、貯金するために支出を抑えていきましょう。

支出を抑えるには固定費を見直そう

支出を抑えるのに1番有効なのが固定費の節約です。固定費とは住居費・通信費・保険料などで、生活スタイルに関係なく一定の支出が発生するものです。生活スタイルとそこまで連動していないのであれば、多少コツコツ節約してもストレスはそこまで発生しません。

固定費で節約したお金を貯金するのが最も効率よく確実な方法です。見直しするだけで貯金ができるのであれば、固定費の見直しをしてみましょう。固定費の場合コツコツ貯金よりも一気に節約できる可能性があります。

収入を増やすには副業・転職をしよう

もちろん収入を増やすことも考えなければ今の時代生き抜くことはできません。令和にはいり副業解禁され始めましが、企業が副業解禁をするということは終身雇用の終わりを告げているのと同じです。一生涯面倒は見れないから副業をしてと言っているようなものです。

国も2,000万円の老後資金が必要と言っていますが、1つの仕事で2,000万円の貯金ができるほど甘くはありません。転職するか、副業をするか2択しかないのであれば、まずは副業を始めてみましょう。

私も最初は副業に抵抗がありましたが、少額からでもお金貯金したいのであればポイントサイトの利用をおすすめします。ポイントサイトは広告費をまとめているネット業界の問屋です。

じゃらんや楽天、Amazonなどショッピングするときインターネットに広告と表示されているのを見たことあると思います。

広告経由で商品を購入すると広告費が発生します。どうせ広告費を出しているのであれば自分で出した広告費で自分が購入すれば、少しでもお金が戻ってくるので、お得です。

この際に1つポイントサイトを利用してみてはいかがでしょうか?毎月数千円程度なら十分貯金できます。毎月コツコツ数千円の貯金でも、年間で数万円の貯金ができます。

ポイントサイトを利用する(無料)

関連記事

節約で最も大切なこと節約=我慢という印象を持つ人も多いと思いますが、最初にお伝えしておくと、ストレスを感じる節約は長続きしません。私が考える節約とは、無理をしないがポイントです。無理をしない無理をしない節[…]

誰でもできる3つの貯金方法

前置きが長かくなりましたが、大切なことなので丁寧に解説しました。コツコツ貯金は爆発力はないですが、確実に貯金できます。ここからは、誰でもできる貯金方法を3つ紹介します。生活スタイルに合わせて貯金をしていきましょう。

貯金という概念を変える

最初にもお話ししましたが、コツコツ貯金は爆発力はありません。それでも今の時代貯金がなければ生活に不安が残ります。貯金という概念を変えストレスのない節約法を実践して、コツコツ貯金をしていきましょう。

固定費の見直しは必須

コツコツ貯金をするには大きく分けて固定費の見直しと変動費の見直しが必要です。変動費とは食費や交際費など毎月かわるもので、生活スタイルと連動しているので、貯金ができにくいのが現実です。

逆に住居費や通信費、保険料などの固定費は一度見直せばコツコツでも貯金できます。まずは固定費も見直しからコツコツ貯金を始めていきましょう。

1−別口座へ自動積立をする

固定費の見直しができたら見直しできた分のお金を貯金しましょう。仮に固定費の節約で3万円のお金が節約できたら単純に3万円は貯金できることになります。ですが、人の心理で3万円の余裕ができても貯金できないのが人です。

そうならないように給料が入ったら節約できたお金を自動積立で貯金専用口座に自動積立するようにしてください。自動で積立してくれるので、あとは日常の生活を過ごすだけで毎月3万円の貯金ができます。

コツコツ1年貯金できれば年間36万円の貯金が可能です。コツコツ貯金でも十分魅力ある貯金ができます。

2−定期預金を作る

本当に少しですが、年利が高い定期預金にお金を貯金するという方法もあります。銀行によっては中途解約も可能で一部出金もできるので、メインバンクに一度聞いてみるのもいいと思います。

定期預金でも年利はほとんどないのですが、出金しにくい環境作りが貯金につながるので、誘惑に負ける人は定期預金がおすすめです。

3−開かない貯金箱で貯金する

金利はどうでもいいという方は、開かない貯金箱に給料が入ったら貯金するという選択肢もあります。一見アナログですが、目に見える貯金ができるので私は1番おすすめです。

100円ショップにも可愛い開かない貯金箱があるのでまずは貯金箱に貯金をしてみましょう。私はこの方法が1番ストレスがなかったです。コツコツですが、貯金箱が溜まるのが楽しみになるので、日々の生活スタイルを意識するようになります。

関連記事

同棲を始める前に確認したいポイント当記事をみていただきありがとうございます。この記事を見ていただいているということは、同棲を始めている、もしくは始めようと考えている方だと思います。本当におめでとうございます。この記事では、[…]

節約術大公開!同棲節約の円満に節約するポイント

コツコツ貯金イメージを明確にする

コツコツ貯金は本当に馬鹿にできません。人には習慣というものがあり、毎日無意識に生活しています。たとえば、毎日歯磨きをしないと気持ち悪いと感じると思います。職場から自宅まで無意識に帰れると思います。人は無意識で生活しています。

意識は無意識を凌駕するのです。まずは1ヶ月意識して貯金をしてみてください。そうすれば2ヶ月目以降無意識に貯金しなければ気持ちが悪いという感覚が出てきます。そうなれば無意識に落とし込みが成功したので、ストレスなく貯金ができるようになります。

大切なのは1ヶ月休まずに続けるということです。

500円玉貯金の場合

貯金箱(開かない)に毎日500円貯金をすると決めて行動したとします。もし1日も休まずに500円貯金ができた場合どれくらいの貯金ができるのでしょうか。1日500円で365日なので18万2,500円の貯金ができます。

1年でおよそ20万円の貯金ができると考えるとワクワクします。無理なく貯金をしたい場合500円貯金はおすすめです。

5年後・10年後の貯金額

仮に5年・10年の間500円貯金をした場合の貯金額も掲載しておきます。モチベーション維持の1つとして確認してみてください。

年間金額
1年目18万2,500円
5年目91万2,500円
10年目182万5,000円

10年続ければ立派な貯金になります。本当にコツコツ貯金はおすすめです。

毎月3万円の貯金をした場合

固定費の見直しをすれば、毎月3万円の貯金は難しくありません。もし仮に3万円貯金を続けた場合の貯金額についても紹介します。参考程度にお考えください。毎月3万円の貯金を1年続けた場合年間で36万円の貯金ができます。

これだけでも立派な貯金です。それが5年。10年になるといくらの貯金ができるのでしょうか。

5年後・10年後の貯金額

もし毎月3万円貯金できた場合以下の表でどれくらい貯金ができるかみてみましょう。

年間金額
1年目36万円
5年目180万円
10年目360万円

10年で360万円の貯金ができます。30年もし貯金ができれば1,000万円の貯金が可能です。固定費の見直しだけでこれだけの貯金ができれば嬉しいですよね。コツコツ貯金は本当に人生を変えます。

願望だけでは終わらせない

コツコツ貯金もそうですが、何事も願望だけで終わらないようにしてください。貯金は特別なものではなく、考え方を変えしっかりとした目標を持てば誰でもできます。願望に期限をつけることが大切です。そうすればコツコツ貯金でも十分立派な貯金が手に入ります。

目標は願望+期限ということを知っておく

目標とは願望+期限をいいます。期限を決めなければそれはただの願望なので、いくら努力しても貯金はできません。貯金をしたいのであれば、期限を明確につけましょう。そうすればコツコツ貯金も楽しくできるはずです。この記事を見て少しでも貯金という概念を変え、ゆとりある生活が手に入ることを本当に願っています。

合わせて読みたい!節約に関する記事一覧

関連記事

夫婦2人の平均出費を知る夫婦の平均出費(生活費)を知ることで、自分自身に置き換え、どこを節約すればいいのか、どのような方法があるのかを考えていきます。収入によって細かい金額は異なりますが、参考にしてみてください。20代[…]

関連記事

40代の貯金額はいくら?40代といえば、人生の折り返し地点とも言われ、価値観、人生観などある程度決まっています。結婚している人、独身の人、子どもがいる家庭と様々な人生がありますが、この記事では2人家族以上を基本として執筆して[…]

関連記事

貯金の目安は手取りの10%?様々な記事を見ると、貯金額の目安は手取りの10%という内容が書かれています。この10%というのは、私の見解では全く信ぴょう性がなく、現実誰に向けている10%なのか判断できません。この記事では、現[…]

関連記事

まとめ節約の考え方節約=我慢(ストレス)という印象がありますが、ストレスがかかる節約は長続きせず。節約の無駄使いになります。節約にもいくつかありますが、この記事では大きく分けて5つのジャンルの節約術まとめて紹介します。ここ[…]

最新情報をチェックしよう!