貯金額公開!40代の貯金額とおすすめの貯金方法

40代の貯金額はいくら?

40代といえば、人生の折り返し地点とも言われ、価値観、人生観などある程度決まっています。結婚している人、独身の人、子どもがいる家庭と様々な人生がありますが、この記事では2人家族以上を基本として執筆しています。

若干の違いなどはありますが、参考にしてもらえれば幸いです。2人家族以上の平均貯金額はいくらになっているのでしょうか?

平均貯金額は942万円

金融広報中央員会の2018年「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査](平成30年)のデータによると平均貯金額は942万円です。40代といっても40歳から49歳と10年の差があるので一概に平均といっても信ぴょう性はないと考えています。

平均貯金額とは

平均貯金額の算出方法は、対象者(40代)の全ての貯金額を足して調査人数で割ることで算出されます。貯金がない世帯も、貯金がありすぎる世帯も平等に算出するので、あくまでも目安にしかなりません。

中央値貯金額は550万円

では中央値の貯金額を調べてみます。こちらも金融広報中央員会の2018年「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査](平成30年)でのデータですが、550万円の貯金額だと結果が出ています。

この中央値の貯金額の方が現実に近い数字になるのではないでしょうか。

中央値貯金額とは

中央値の貯金額の算出方法は、全体の対象者(40代)を貯金額に並べ真ん中の対象者の貯金額を算出する方法です。収入が多い家庭、少ない家庭関係なく、中央の対象者(40代)になるので現実に近い貯金額と言えます。

550万円以上は最低必要

あくまでも私の見解ですが、中央値で算出した貯金額が現実に近いので、40代では550万円以上です。ただこの貯金額も40歳から49歳まで幅があるので、45歳程度と考えた方がいいかもしれません。

貯金額があるからといっても安泰ではない

1つ注意すると言えば40代の貯金額が平均以上(550万円以上)あるからといって安心できる老後が過ごせるかは別の問題になります。あくまでも国が算出している平均と比べる程度に考えておけばいいと思います。

関連記事

夫婦2人の平均出費を知る夫婦の平均出費(生活費)を知ることで、自分自身に置き換え、どこを節約すればいいのか、どのような方法があるのかを考えていきます。収入によって細かい金額は異なりますが、参考にしてみてください。20代[…]

50代の貯金額を知る

40代の貯金額を知れば50代の貯金額も気になるのが人です。50代の平均貯金額、中央値貯金額について解説していきます。

平均貯金額は1,481万円

50代になると40代の時に比べ桁が変わります。平均貯金額は1,481万円であり40代と比べると539万円貯金額が増加しています。

中央値貯金額は900万円

では、中央値の貯金額について解説します。中央値貯金額は900万円です。40代の550万円から比べると350万円の貯金額増加です。

最低10年で350万円以上の貯金額が必要

単純計算ですが、10年で350万円以上の貯蓄が必要だという計算ができます。年間あたり35万円の貯金額なので毎月3万円の貯蓄を10年続ける計算です。

年代別貯金額一覧表

世帯主年齢別の平均貯金額、中央貯金額一覧です。また、40歳代の年収別貯金額も掲載していますので、合わせて確認してみてください。

 全世帯平均中央値

30代660万円382万円
40代942万円550万円
50代1,481万円900万円
60代1,849万円1,000万円
70代以上1,780万円700万円

40歳代

・世帯年収別

300万円未満261万円26万円
300万円〜500万円未満617万円407万円
500万円〜750万円未満934万円649万円
750万円〜1,000万円未満1,417万円1,308万円
1,000万円〜1,200万円未満1,852万円1,500万円
1,200万円以上3,369万円2,400万円

家計の金融行動に関する世論調査(金融広報中央委員会)

黄色でマークアップしている箇所が40代の貯蓄額(貯金額)の平均です。年収別で言えば300万円〜750万円までが多いので、最低でも407万円以上の貯金額が必要です。(中央値での計算)

関連記事

節約で最も大切なこと節約=我慢という印象を持つ人も多いと思いますが、最初にお伝えしておくと、ストレスを感じる節約は長続きしません。私が考える節約とは、無理をしないがポイントです。無理をしない無理をしない節[…]

家計の金融行動に関する世論調査(金融広報中央委員会)

あくまでも平均ですので、これ以上でも以下でも気にする必要はありません。ですが、まだ貯金がない人は、節約なども考えて貯金できるゆとりを作る必要はあります。30代40代はマイホームや教育費など出費がかさむので、借金(借り入れ)も多いです。

貯金額よりも借金が多いのが40代

30代、40代はマイホームを検討するタイミングなので、借金という考えでは1番多い世代です。40代は支払う金額も多いですが、老後のための貯金も考えていく必要があります。

関連記事

貯金の目安は手取りの10%?様々な記事を見ると、貯金額の目安は手取りの10%という内容が書かれています。この10%というのは、私の見解では全く信ぴょう性がなく、現実誰に向けている10%なのか判断できません。この記事では、現[…]

30代40代はマイホームなどの高い買い物をする

40代というわけではないですが、老後に必要な貯金額は2,000万円と言われています。ですが、あくまでも予想の範囲ですので現実的に信ぴょう性はありません。

老後に必要な貯金額は?

年金問題で浮上した老後2,000万円問題ですが実際にはどうなのでしょうか?

2,000万円問題を履き違えている方は意外と多いですが、正確にいうと総務省統計局が発表(2017年)しているデータから高齢無職夫婦の毎月における不足分が月に5万5,000円だという計算になり、それが30年続くと不足分が2,000万円になるという計算です。

年間不足分(夫婦合わせて)金額
1年(65歳)66万円
5年(70歳)330万円
10年(75歳)660万円
15年(80歳)990万円
20年(85歳)1,320万円

25年(90歳)

1,650万円
30年(95歳)1,980万円

ただし、これには大きな問題があり、2017年度の高齢無職夫婦世帯の平均貯金額は2,484万円(平均値)と出ているので、一見問題なさそうですが、信ぴょう性にかけます。実際中央値で70代での貯金額は1,000万円です。これを基準にすると1,000万円の不足になります。

老後2,000万円問題

これも正確な情報ではないのですが、普通の暮らしをする程度であれば2,000万円の貯蓄で可能だと思います。

ですが、医療、介護など予期せぬ出来事は入っていないため実際には3,000万円以上は必要だという見解もあります。どちらにせよ、最低2,000万円は貯めるように今から行動していきましょう。以下の表は理想の貯蓄額を様々な情報と組み合わせて作成しています。

現在の年齢貯金年数毎月の貯金額(貯金0円での計算)
20歳45年37,000円
25歳40年41,000円
30歳35年48,000円
35歳30年55,000円
40歳25年67,000円
45歳20年83,000円
50歳15年110,000円

20歳からでも約4万円毎月貯金して老後に2,000万円溜まる計算です。現実不可能です。私も20歳の時貯金なんてできませんでした。それだけの給料をそもそももらっていません。

40歳からなら毎月約7万円の貯金が必要です。これも何もしないのであれば、現実的に不可能です。節約や副業をしなければ退職金に頼る以外方法はありません。

関連記事

節約できない理由とは節約はダイエットと似ていますが、過度な節約は過度なダイエットと同じで、リバウンド(浪費)してしまう恐れがあります。何度も節約して失敗した経験はないでしょうか?節約は考え方次第では本当に簡単にできます。こ[…]

現実は3,000万円以上必要?

貯金できないから何もしないというわけにも行けないので、70歳まで働く、退職がない権利的ビジネスに取り組む(IT、不動産、投資、NB)しかありませんが、すぐに結果につながるビジネスはありません。

どれも努力が必要です。2,000万円という貯金をするには、節約する行動も必要です。周囲の人たちがまだ考えていないからしないという考えは絶対にやめてください。こっそりやっている人はやっています。まずは40代からできる貯金額を増やすことをしましょう。

40代貯金額を増やすためにやるべきこと

老後に必要な金額は先ほど紹介しましたが2,000万円〜3,000万円です。今の貯金額と照らし合わせていくら必要かを計算します。

1-老後にかかる費用を計算する

節約貯金できる金額(月)副業で稼ぐ金額(月)
5,000円6万円
1万円5万5,000円
3万円3万5,000円
5万円1万5,000円

固定費などの節約で毎月どれくらい貯金できるかの計画を立てます。仮に固定費の節約に成功して、毎月5万円の節約に成功したなら、40代で貯金0円でも副業で17,000円ほど稼ぐ仕組みを作れば合計約7万円の貯金が可能です。

毎月10万円を稼ぐとなると大変ですが毎月2万円程度であればそこまで難しくありません。上の表は左が現状で貯金できる金額で、右が今から副業で稼いで貯金する金額です。これを見る限り困難な金額ではないはずです。

2-貯金の計画を立てる

あとは、どれくらい固定費など、出費を抑えるために見直すかが必要です。節約できる額が大きいほど副業する必要はありませんので、しっかりと生活費を見直してみてください。そして甘い誘い(投資詐欺など)には騙されないようにしてください。

この記事を見て少しでも前向きに行動できるようになれれば幸いです。40代貯金0円でも十分2,000万円の貯金は可能です。40代から始めるおすすめ副業は権利的なビジネスです。デジタル系ならブログや動画での副業で、アナログであればネットワークビジネス(マルチ商法)です。

どちらも怪しい詐欺会社もあるので、会社四季報などに載っている会社をおすすめします。

3-生活費を見直す

関連記事

貯金0円世帯を除く30代の平均貯金額記事タイトルにもあるように、30代の貯金額は500万円以上というデータもあります。これは、数字のカラクリがあり、実際にはここまで貯金を持っている人は多くはありません。貯金が無い世帯を除[…]

関連記事

まとめ節約の考え方節約=我慢(ストレス)という印象がありますが、ストレスがかかる節約は長続きせず。節約の無駄使いになります。節約にもいくつかありますが、この記事では大きく分けて5つのジャンルの節約術まとめて紹介します。ここ[…]

関連記事

旦那の給料が多いのに貯金できない旦那の年収が多くても貯金できない家庭はたくさんあります。貯金できないのは、家計のやりくりを妻(奥様)に任せっぱなしにしていることが原因かもしれません。この記事では、貯金できない妻(奥様)の7つ[…]

関連記事

人は無駄だらけで生活している人はゆとりがなければストレスが溜まります。それは節約も同じです。窮屈な節約はストレスが溜まりリバウンドをして浪費に走る可能性もあるので、ゆとりのある節約をしましょう。無駄も生きる上では必要なことで[…]

最新情報をチェックしよう!