BASE(ベイス)で売れない人に見て欲しい4つの改善策

BASE(ベイス)というネットショップ(ECサイト)をご存知でしょうか?Yahoo!ショッピングやAmazon・楽天など自分でネットショップを持ちたいが、ハードルが高くて参入できない人に向けた誰でも開設・運営できるのがBASE(ベイス)です。

この記事では、実際にBASE(ベイス)を利用して運営している体験談として、売れるための4つの改善策を紹介しています。

最後には、どのECサイトでも知りたいせどり・転売をしている人の9割が知らない情報もありますので、最後までご確認ください。

BASE(ベイス)とは

そもそもBASE(ベイス)とはどれだけ優れたものなのかに次いて紹介します。大手のネットショップと比較すれば、どれだけハードルが低いのかがお分かりになると思います。

大手ネットショップとの比較

大手ネットショップといえば、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングの3つです。導入費用・月額利用料・販売手数料・知名度で比較していきます。

ショップ名初期費用月額利用料販売手数料知名度
Amazon(小口)0円0円8%以上+100円+80円以上高い
Amazon(大口)4,900円4,900円8%以上+80円以上高い
楽天19,500円〜19,500×12ヶ月2%-7%高い
Yahoo!ショッピング0円0円2.5%〜高い
BASE0円0円6.6%+40円低い

Amazonの手数料は計算しづらい点がありますが、BASE(ベイス)は導入のやりやすさは、Yahoo!ショッピングに次いでハードルが低いのがわかります。

ネットショッピングサイトの革命的システム

手数料や知名度だけを見れば、Yahoo!ショッピングの方が優位に立つように見えますが、可能であれば、Yahoo!ショッピングもBASE(ベイス)もどちらも運営することをおすすめします。

理由としては、出店数が多ければ、それだけお客様の目に入りやすいからです。みてくれる確率が単純に2倍になれば、利益も2倍になります。ハードルが低いこの2つは必ず導入しておきましょう。

維持費・手数料ともにハードルが低い

なんと言っても維持費が必要ないのと販売できた時(売れた時にだけ)手数料をお支払いするので、赤字になるということがありません。

メルカリなどのフリマアプリは、価格破壊や手数料の高さから利益を出しにくいですが、お店(ネットショップ)の場合、値引き依頼などもないので、安心して販売することが可能です。

売れるショップの4つの共通点

それでも知名度が低いBASE(ベイス)は売れないという声も聞きます。売れない理由はBASE(ベイス)ではなく、運営者側にあります。

結論から言いますと、BASE(ベイス)であれ、他のネットショッピングサイトであれ、すぐに商品を出品しても売れません。

信用度を積み重ねるため、ショップを育てる必要が出てきます。長期的に運営しながら、売れるショップを作っていきましょう。

ここからは、よく売れるBASE(ベイス)ネットショップが行っている4つの共通点をお伝えします。是非試してみてください。

1-専門店を作っている

基本的に売れるショップは、専門店(コンセプト)を強調しています。アパレル服を販売していたりキャンプ用品を販売したり、スキー用品を販売しているショップはお客様的には、

 
マナ子
なんのお店・・・?

という印象になります。この少しの違和感だけで売上は著しく低下します。アパレル専門店・キャンプ用品専門店・スキー用品専門店と3つに分けた方が、売上は安定します。

BASE(ベイス)では、いくつお店を出店してもOKなので、Yahoo!ショッピングよりもこの手法はハードルが下がります。

レディース服専門店

様々なショップがありますが、もし1つに絞るのであれば、レディース服専門店がおすすめです。私もレディース服専門店を運営していますが、年間を通して売り上げが安定するので、可能であれば、レディース服専門店を1つ作っておくことをおすすめします。

2-SNSを活用している

レディース服専門店はほとんどの人が、女性です。購入者が多くいるSNSを利用すれば、それだけ売れるための仕組みを構築できショップのPRが可能となります。

特にインスタグラムを活用することで、安定的にターゲットユーザーの集客ができるので、積極的にインスタグラムを活用しましょう。

販売するものによって、TwitterやFacebookなどの方が売れる可能性もありますので、自身の店舗に応じSNSを利用してみてください。

インスタグラムが効果的

先ほどもお伝えしていますが、インスタグラムは、女性ユーザーの導入が他のSNSよりも多く、購入率も高いので、一番のおすすめSNSと聞かれれば、インスタグラムとなります。最低でもインスタグラムとBASE(ベイス)を紐付けしておきましょう。

3-BASE Mag.で集客する

Yahoo!ショッピングとの大きな違いは、BASE(ベイス)ではまとめブログのような媒体があります。BASE(ベイス)のブログ機能を使い、購入しやすいようなブログ運営をすることで、記事を掲載してもらえるので、それだけ流入も増えます。

ブログで集客する理由

数多くのネットショップがありますが、検索をして購入する人よりも、ネットサーフィンしている人の購入の方が圧倒的に多いというデータもあります。

SEOで上位表示させるという目的ではなく、BASE(ベイス)のブログ媒体に掲載してもらい流入を狙うという手法です。

4-価格調査を行う

それでも売れない場合、適正価格なのかを調査しましょう。BASE(ベイス)内の価格調査だけではなく、各ネットショップで最安値で販売できているのかの調査が必要です。

メルカリやヤフオクで調査

メルカリやヤフオクでは、価格破壊が起きているので、正直通常の仕入れ方法では、限界があります。転売・せどりを成功させるには、ECサイトよりも仕入価格をどれだけ抑えるかが重要になるので、転売で利益を出したい人は、仕入れ方法を見直しましょう

最安値で仕入れる方法

電脳せどり(在宅だけで仕入れる方法)で重要なのは、いかに安く仕入れて、ライバルよりも安く販売して利益を確保できることです。

安く仕入れることができれば、それだけ利益率が上がります。仮に20円で仕入れた服でも2,000円で販売できれば、利益率は70%を超え、1,500円以上の利益を稼ぐことができます。

仕入れを抑えるには、業者を省く

一般的に知られている仕入れサイトといえば、ネッシーやトップセラーが有名ですが、仕入額が高く、在庫管理が不十分なので、私は利用していません。

私が利用しているのは、倒産品/在庫処分品を直接仕入れています。直接取引するので、破格で仕入れることが可能となります。

倒産品・在庫処分品の情報を得たい人へ

コロナの影響で店舗販売ができなくなり、倒産を余儀なくされた企業は、不良在庫を抱えています。私たちが仕入れることで、少しでも負債額を減らすことができ、私たちも通常よりも破格で仕入れることでライバルとの差別化を図ることができるので、利益を出すことが用意になります。

私が利用している倒産品/在庫処分品の情報を知りたい方は、こちらのメルマガがおすすめです。今後当サイトでも無料メルマガを配信予定ですので、最新情報はラインでお問い合わせください。

まとめ

BASE(ベイス)でもYahoo!ショッピングでも仕入額を抑えることで、利益を出すことができます。どこよりも安く仕入れてアフターコロナの世界を生き抜く力を身につけていきましょう。

先ほど紹介した倒産品/在庫処分品メルマガの配信頻度は1週間に2通以上はありますので、仕入れやすいです。是非お試しください。

倒産品/在庫処分品メルマガに登録する

合わせて読みたい!せどりに関する記事一覧

関連記事

メルカリなどのフリマアプリが普及したことで、転売(不用品転売含む)が当たり前になり数年が経過しました。家にあるものを転売していた人たちの一部は、商品を仕入れて販売する商売目的の人も多く出てきています。この記事では、転売を副業として利益を[…]

関連記事

期間限定の案内となります。現在インフォトップにてせどり・転売についての商材を扱っております。それに伴い、無料で転売・せどり商材を利用していただき、生の声をいただきたく限定案内しております。内容は以下になりますので、ご希望の方はご連[…]

関連記事

安心してパラレルワーク(キャリア)で転職・複業探しをするなら、副業マッチングサービスに登録するのがおすすめです。第三者に介入してもらうことで、契約までの流れやその後のアフターフォローまで自分のスキルや目的にあったパラレルワークを紹[…]

関連記事

ブログアフィリエイトは、すぐにお金にはなりません。長期的運用やスキルそして仕組みの構築が必要です。最低でも数ヶ月かかるブログアフィリエイトをしながらでもネット副業で、すぐにお金を稼ぐ方法を紹介します。ここで学んで欲しいこと(タッ[…]

最新情報をチェックしよう!